写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


博多人形師/井上和彦の部屋  「井上あき子博多人形工房」にて
10年ぶりに福岡県福岡市今宿に在る井上あき子博多人形工房に伺った。取材撮影で天才と云われた人形師井上和彦氏をご自宅に訪ね、彼の魅力をもう少し撮りたくて、取材後私だけ残り撮影した思い出の場所でもある。後日お礼の写真を送ってお母さんと共に喜んで戴き、今後色々使いたいと話していたそうである。そんな彼が取材した印刷物を観る前に突然旅立った。撮影後半月余りのことだった。彼の希望したポートレート写真が初めて使われるのが、告別式と云う皮肉なことになってしまった。その後、最愛の息子を亡くした母の想いが一杯詰まった彼の部屋で、何時も笑顔で母に語りかける写真が其処かしこに点在している。初めて彼の部屋に伺い自分が撮影した笑顔の写真を観て何故か不思議な気分になった。部屋のソファーに座りながら私を迎えてくれたような気がした。私が和彦さんを撮影した事は、偶然じゃなく必然だったのでは...と、お母さんと話した。
彼が存在するだろう部屋をやっと笑顔が戻った母と共に撮影した。
f0089391_09460568.jpg

f0089391_09455004.jpg
f0089391_09453968.jpg


[PR]
by takaoka-diary | 2016-04-19 10:36 | Comments(0)
<< 上田 信/挿絵画家 「この街の現在」町田市民文学館... >>