写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
天野安喜子/江戸花火宗家「鍵屋」15代目
今年も夏の風物詩/花火の季節が訪れた。音楽との融合と花火本来の素晴らしさを表現する事を目指す花火師「鍵屋」15代目の花火に賭ける姿を撮影出来ればと考える。
f0089391_11134018.jpg
f0089391_11143123.jpg
f0089391_11145714.jpg
f0089391_11151620.jpg
f0089391_11153131.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-22 11:15 | Comments(0)
薮内佐斗司/彫刻家
今年は平城京せんと1300年。遷都くんの作者 薮内佐斗司氏を撮影する機会を得た。作品は繊細で氏の妥協を許さない制作姿勢に感服した。そして軽妙洒脱な語りに薮内氏のお人柄を垣間みた。
f0089391_14243696.jpg
f0089391_14245610.jpg
f0089391_14251747.jpg
f0089391_14253468.jpg
f0089391_14254857.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-18 14:26 | Comments(0)
高橋 清    彫刻家
初めて高橋氏にお会いしたのが35年前だった。私の師、林忠彦と同じで、背筋をピンと張っていつも緊張しながら直立不動でお話ししたように記憶している。終生、私が師に感じたように高橋先生にも常に品格と犯しがたい威厳が備わっていた。今年は氏の13回忌でもあり、教鞭をとられた大学の教え子たちと共に町田の美術館に於いて企画展が催された。
f0089391_13365689.jpg
f0089391_13371765.jpg
f0089391_1337388.jpg
f0089391_13381016.jpg
f0089391_13384214.jpg
f0089391_13393221.jpg
f0089391_1341182.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-18 13:41 | Comments(0)
夏/朝顔   飛騨高山
突然の梅雨明け宣言。昨年より6日早いらしいが、厳しい夏の暑さを思うと...。
f0089391_1132012.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-15 11:32 | Comments(0)
飯野和好  絵本作家
絵本作家の飯野氏のアトリエで撮影する機会を得た。いたずら小僧がそのまま大人になったような遊び心満載の”おもちゃ箱”的空間で、氏の軽妙洒脱な人柄を撮影した。
f0089391_11263735.jpg
f0089391_1127529.jpg
f0089391_11273555.jpg
f0089391_11275034.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-15 11:28 | Comments(0)
紫陽花 
梅雨の季節、農家にとっては恵みの”雨”この季節を享受したいものである。
f0089391_13102539.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2009-07-06 13:10 | Comments(0)