写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
横内謙介 劇作家   月刊『浄土』より
舞台作、演出家で「扉座」主宰の横内さんの撮影をする機会を得た。高校時代に劇作家つかこうへい氏の芝居に触発され、演出家としての三木のり平、市川猿之助氏に薫陶受け現在に至る。クールな態度で演劇をする若者たちに「無駄な事に時間を費やす芝居の面白さ、人との密接な関係を築き学ぶ事が演劇人として必要」と語る。狂言師の様な語り、立ち振る舞いに氏の人柄を見た。
f0089391_11142593.jpg
f0089391_111437100.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2010-05-31 11:16 | Comments(0)
天野安喜子/江戸花火宗家「鍵屋」15代目
天野さんは花火師としての姿を機会有るたびに10年余り追い続けている。現場の仕事に生きる姿であったり、柔道家及び国際審判員としての姿だったりする。そして、またある時は一時の母だったりする。今回2年ぶりに彼女の「鍵屋」15代目としての強い思いを聞き撮影する事ができた。今年も鍵屋の素晴らしい花火が夜空を舞うのが楽しみだ。
f0089391_1637226.jpg
f0089391_16372748.jpg
f0089391_16373925.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2010-05-21 16:38 | Comments(0)
渡辺有一(絵本作家)
7月末に町田市民文学館で開催される氏の展覧会の依頼で撮影する機会を得た。静かな創作日常に反して慌ただしくアトリエでの撮影。ねこの可愛い絵が部屋中に溢れていて、作品から醸しだされる氏の瓢逸な内面と絵本作家として冷静な姿の両面をレンズを通して垣間みた。
f0089391_914777.jpg
f0089391_9143716.jpg
f0089391_9151435.jpg
f0089391_916633.jpg
f0089391_917033.jpg
f0089391_9184976.jpg
f0089391_9185815.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2010-05-12 09:19 | Comments(0)
『男の貌』高橋浩二(ヤマモトサイクル店主)
1961年4月11日 神奈川県川崎市生まれ。25才から26年この道一筋。日々誠実に仕事をする。顧客の要望に添いながらもプロとしてのアドバイス、コミュニケーションをとりながら自転車を組む。笑顔で「ありがとう」の一言に仕事の生き甲斐を感じる。今後も自転車屋であり続けることが、自分らしい生き方と言い切る。
f0089391_1281644.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2010-05-06 12:10 | Comments(0)