写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
道尾秀介/小説家  「銀座百点」4月号より
小説家の道尾秀介さんを撮影する機会を得た。道尾さんは以前、町田市民文学館「道尾秀介」展の撮影でお世話になって以来、再三撮影して来た。日頃、忙しい彼を今回は銀座を舞台にして一日お時間戴き、彼の魅力を撮影させて戴いた。作家としての顔、趣味の顔、好きな場所での顔、様々な彼の表情を追った。私が最も撮りたかった写真の師匠林忠彦が撮影した太宰治ゆかりの場所である”ルパン”では、師匠が撮影した同場面で道尾さんを撮る事が出来た。夢が現実に叶った瞬間だった。道尾さんに感謝
f0089391_12494865.jpg
f0089391_12492535.jpg
f0089391_12482419.jpg
f0089391_12474578.jpg
f0089391_12465575.jpg
f0089391_12465316.jpg
f0089391_12455573.jpg
f0089391_12443695.jpg
f0089391_12445470.jpg
f0089391_12431893.jpg
f0089391_1243144.jpg
f0089391_12423688.jpg
f0089391_12422847.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-27 12:51 | Comments(0)
林忠彦/写真家    1979年4月京都/平安神宮
1979年4月、私が恩師林忠彦先生の弟子になって2年目だったと記憶しているが、確か茶室の撮影で京都に行った時、束の間の休息で先生と平安神宮を散策した。桜の下で寛ぐ先生をスナップした1枚である。写真の右も左も判らない私だったが、日頃は優しく、仕事には厳しい師の背中を見ながら純粋(笑)に写真を学んでいた。それから35年余りの月日が過ぎ去った。今春、師と写真展が開催出来る事は、夢が叶った事と同時に写真界で何とか存在出来ている喜びでもある。師への感謝を込めて、師の在りし日の思い出の1枚を観て戴きたいと思う。
f0089391_1117921.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-21 11:20 | Comments(0)
三輪壽雪/萩焼人間国宝
写真作品を整理している時、萩焼人間国宝の故三輪寿雪先生の在りし日の写真発見。萩の友人が壽雪先生はお元気な時に街中をフランスパンを持って自転車で気軽に走っておられていたと云っていた。萩市内の人々は、日常よく見かけたようだ。先生を見ると人々は和やかな気分になったそうだ。撮影させて戴いた時、既に90歳半ばだったように記憶している。私が厚かましく要求する撮影に淡々とお応え戴いた壽雪先生に今更ながら感謝している。
f0089391_10453223.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-15 10:46 | Comments(0)
レンコン/愛知県愛西市 わが家の農物語り「家の光」4月号より
冬の穏やかな陽射しの中、中野家を訪ねた。戦後の激動期を経て92歳になる母と共に今日も圃場に立つ妻。長年、小学校の教職を勤め退職後、本格的にレンコン作りに携わった夫。「がんばる母あって今のわが家がある」と夫婦は語り、ひたすら土に向かう。
f0089391_11225131.jpg
f0089391_11212910.jpg
f0089391_11203814.jpg
f0089391_1118582.jpg
f0089391_1118618.jpg
f0089391_11173148.jpg
f0089391_11171633.jpg
f0089391_11165871.jpg
f0089391_11163225.jpg
f0089391_11154382.jpg
f0089391_1115871.jpg
f0089391_11151392.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-08 11:22 | Comments(0)
松山ケンイチ/俳優  「家の光」4月号より
俳優の松山ケンイチさんを撮影した。今回は3/1日〜公開される映画「旅路」のインタビューでの1枚である。福島県の旧警戒地域で撮影された映画で、無人になった故郷に二十年ぶりに帰って来た青年を中心に家族再生の物語りで、たった一人で田を起こし農作業をする次郎を演じた。すべてに愛情を注がなければ、いい作物も育たない。人生にも通じると彼は語った。
f0089391_10534046.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-08 10:55 | Comments(0)
ホウレンソウ/山梨県南部町 農ひとすじ「家の光」4月号より
安全、安心野菜の栽培を目指す佐野長治郎さんを撮影した。そこには、化学肥料の使用料を減らし日々奮闘する姿が在った。
f0089391_9533287.jpg
f0089391_9523230.jpg
f0089391_9521444.jpg
f0089391_9515576.jpg
f0089391_9514258.jpg
f0089391_9521413.jpg
f0089391_9443441.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-08 09:54 | Comments(0)
「文藝絶佳」写真展 町田市民文学館ことばらんど
東京都町田市の「町田市民文学館ことばらんど」で4月19日〜6月29日まで、写真展を開催する。今回は私の林忠彦先生と弟子3人の一門展です。文学の世界観を4名の写真家の作品で展示される。因に私は今回、敢えて人物写真では無く町田文学作品のイメージを風景で撮影した。是非とも会場に足を運んで頂きたい。
f0089391_146090.jpg
f0089391_145478.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-03-05 14:06 | Comments(0)