写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
小川三夫『日中韓 棟梁の技と心』竹中大工道具館 
私が個人的に撮らせて戴いている「鵤工舎」小川三夫棟梁が日本の棟梁の代表で展示されている。
素敵な図録が仕上がった。工房の現場では私語も無く、弟子たちが黙々と作業に没頭している中で、部外者の私が非常に緊張しながら撮影した記憶がある。
f0089391_10501975.jpg
f0089391_10503258.jpg
f0089391_10495970.jpg
f0089391_10491389.jpg
f0089391_10493268.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-30 10:51 | Comments(0)
秋模様/佐渡島
1年ぶり3回目の佐渡島。今までは佐渡の風景を撮ることもあまり無く、人物撮影が主だったが、今回は自然に触れる事が多かった。
f0089391_17121944.jpg
f0089391_171261.jpg
f0089391_17122787.jpg
f0089391_17121414.jpg
f0089391_17115962.jpg
f0089391_17104624.jpg
f0089391_17105918.jpg
f0089391_17102779.jpg
f0089391_17103056.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-29 17:14 | Comments(0)
芸術の秋/長谷川喜男(彫刻家)、星 恵美子(挿絵画家)吉田昭夫
いよいよ芸術の秋の季節。友人の彫刻家長谷川喜男、挿絵画家の星恵美子、吉田昭夫氏の展覧会を鑑賞した。写真と違う世界の創作者との作品と発想に出会うことは、新たな刺激になります。
f0089391_101519.jpg
f0089391_10144398.jpg
f0089391_10143262.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-22 10:15 | Comments(0)
『男の貌』佐野 裕/編集者
1954年9月24日 高知県香南市生まれ。
江戸時代から代々続く農家の長男として、豊かな自然環境の中で育つ。
東洋大学社会学部 応用社会学科でマスコミを専攻し、学生時代からサークルで本作りに係る。
第二次オイルショックで就職難の中ではあったが、卒業後に(一社)家の光協会に入社し編集者の道を歩む。生まれ育った環境が農家だったので、本作りの上で生産者の目線で考え、現場を取材する事に努めた。2011年の東日本大震災が、自分の中で長年くすぶっていた想いでもある自身の原点に還る事を決心させた。農業人の血、農家の長男、家長としてのDNAを今こそ素直に受け入れようと決めた。この年齢になり、”絆”の本来の意味を理解する事が出来て、良くも悪くも柵(しがらみ)にどっぷり浸かろうと...。今、編集者として充実し力を出し切った達成感を得て、その経験を今後の農業に生かしたいと彼は考える。最後に、将来の”夢”は何ですか?という私の質問に彼は確信を持って”故郷の土に還る”言いきった。
f0089391_14124641.jpg
f0089391_14123755.jpg
f0089391_14123175.jpg
f0089391_1412204.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-15 14:13 | Comments(0)
片岡秀太郎/歌舞伎役者  月刊「浄土」会いたい人より
十三代目片岡仁左衛門の次男、片岡秀太郎氏を撮影する機会を得た。軽妙洒脱なお人柄ではあるが、芝居に対しての厳しさを語って戴いた。
f0089391_15231962.jpg
f0089391_15231936.jpg
f0089391_15232798.jpg
f0089391_15221992.jpg
f0089391_15211892.jpg
f0089391_15204654.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-04 15:25 | Comments(0)
秋の気配  湯沢高原
f0089391_15291789.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2014-09-01 15:30 | Comments(0)