写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
> 曲豆準備室さん 岩..
by takaoka-diary at 15:06
> 曲豆準備室さん 被..
by takaoka-diary at 15:04
どうも、私も日頃からアマ..
by 曲豆準備室 at 00:21
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『大人の修学旅行』  長崎市〜佐賀県/唐津、呼子
高校の修学旅行以来45年ぶりに長崎へ行く機会があった。
当時はただ観光バスに乗って観光地を尋ねるだけだったが、
大人になってからの旅は、ひと味違う感慨を抱きながら
思い出の地を巡った。
f0089391_15535944.jpg
          大浦天主堂
f0089391_15541259.jpg
f0089391_16020128.jpg
f0089391_15533161.jpg
f0089391_15533148.jpg
f0089391_15533057.jpg
f0089391_15533295.jpg
f0089391_15541229.jpg
f0089391_15533208.jpg
f0089391_15533182.jpg
f0089391_15533247.jpg
f0089391_15533303.jpg
f0089391_16072765.jpg
f0089391_16072821.jpg
f0089391_16072881.jpg
f0089391_16072890.jpg
f0089391_16072753.jpg
f0089391_16072846.jpg
f0089391_16092823.jpg
f0089391_16092816.jpg
f0089391_16101298.jpg
f0089391_16104238.jpg
f0089391_16112279.jpg
f0089391_15551791.jpg
f0089391_16133465.jpg
f0089391_16140637.jpg
f0089391_16142399.jpg
f0089391_16145195.jpg
f0089391_15542666.jpg
f0089391_15545020.jpg
f0089391_15550034.jpg
       唐津市/名護屋城跡


f0089391_15550173.jpg
呼子朝市
f0089391_15550240.jpg
f0089391_15550089.jpg
f0089391_15550040.jpg
f0089391_15550022.jpg
f0089391_15551695.jpg
f0089391_15551617.jpg



[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-12 16:31 | Comments(0)
『大人の修学旅行』  山口県萩市、周南市
大人になって行く旅の面白さは、人生経験を積み重ねて新たに自身を見つめ直したりして、
充実した時間が得られるように思う。
f0089391_16222900.jpg
         旅の始まりは、部屋から見た萩の朝の風景から始まった
f0089391_16223396.jpg
       早朝に浜辺を走る、地元の高校生たちの朝練

f0089391_16224030.jpg
f0089391_16224815.jpg
f0089391_16225457.jpg
f0089391_16225437.jpg
f0089391_16230386.jpg
f0089391_16230307.jpg
f0089391_16232058.jpg
菊屋町の町並みを歩く
f0089391_16231527.jpg
f0089391_16232969.jpg
f0089391_16232529.jpg
f0089391_16234085.jpg
f0089391_16235052.jpg
f0089391_16234807.jpg
f0089391_16235926.jpg
毛利家代々の菩提寺「東光寺」

f0089391_16233088.jpg
f0089391_16240556.jpg
「日本夕陽百選」菊が浜に行くもあいにくの天候
f0089391_16240590.jpg
f0089391_16241978.jpg
f0089391_16241933.jpg
f0089391_16244979.jpg
f0089391_16244950.jpg
f0089391_16250611.jpg
早朝に周南市に移動する途中に出会う素敵な風景に立ち止まる

f0089391_16251567.jpg
f0089391_16253212.jpg
瀬戸内の工業地帯周南市の朝
f0089391_16252089.jpg
f0089391_16253206.jpg
f0089391_16254419.jpg
f0089391_16254462.jpg
昼食後に立ち寄った周南市のジャズ喫茶店のママさん

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-10 16:49 | Comments(0)
「One afternoon」山口県周南市 =大人の修学旅行=より
先日、山口県に写真の審査に行った時、ふと立ち寄った喫茶店。昭和ノスタルジー漂う店内で、常連さんとママが話す様子を見ていて、写真を撮らせて頂いた。
f0089391_15512662.jpg
f0089391_16031541.jpg

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-09 16:03 | Comments(0)
『夫唱婦随』シリーズ ”自ら信じる映像世界をプロデュースする”
f0089391_10100105.jpg

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-04 10:34 | Comments(0)
『夫唱婦随』シリーズ ”バラエティー界の舵取りで生きる”
f0089391_10100223.jpg

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-04 10:28 | Comments(0)
『夫唱婦随』”この地にこれからも生きていく” 東京都町田市
f0089391_10110583.jpg
f0089391_10100244.jpg

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-04 10:23 | Comments(0)
『夫唱婦随』シリーズ ”夢の実現に向かって”
f0089391_10135156.jpg
          絵本の世界に生きる夫とサポートする妻
f0089391_10100160.jpg
          骨董屋を経営する夫。妻は店内にカフェを開く
[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-04 10:17 | Comments(0)
『男の貌』鈴木 亨 工務店経営  東京都町田市
「お客様の喜びが、私たちの喜び」会社理念の元 宮大工の祖父が起こした会社の三代目を継ぐ。
大学の建築科を卒業後、英国の設計事務所に5年間勤め帰国する。受注を専門設計から施工(大工も自前)まで全てを請け負う。現代大工のシステム(作業の機械化を図り)を確立しながら、楽をしたい(余暇を有効に利用し、より高みを目指す)と云う氏のユニークな思考に魅力を感じ、日常を追った。
f0089391_14055587.jpg
f0089391_14063708.jpg
 鈴木家の原点の宮大工の思考を凝らした木造家屋(亨氏の生まれ育った)
f0089391_14094962.jpg
          自宅の木々を残す会社の本社の屋根
f0089391_14115305.jpg
f0089391_14122298.jpg
f0089391_14124603.jpg
       彼の隠れ家でもある部屋
f0089391_14135914.jpg
f0089391_14145351.jpg
f0089391_14155876.jpg
f0089391_14170291.jpg
f0089391_14171252.jpg
f0089391_14182260.jpg
f0089391_14182644.jpg


[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-02 14:19 | Comments(0)
『男の貌』吉田勝美/クラブ経営  東京都新宿
1964年 長崎県島原市で石材店を営む家庭の9人兄弟の8番目に生まれる。
中学卒業後に東京(ニュー東京レストラン)に就職のため上京するが、研修後3日間ほどで長崎に戻る。その後、再び大阪に出るが20歳で再び東京に上京する。築地市場で配達業に携わり10年間働いて貯めた資金で、30歳から新宿二丁目で「コンドル モモエ」(山口百恵さんのファンだった)を開店する。芸(ゲイ)歴50年、お店40年(会員制クラブで各界著名人が訪れる)。
生まれ変わっても誇りをもってこの道で生きて行くという決意で、今夜もお客様に接する。
ある日、私が親しくしている挿絵画家が、タカオカさんに是非合わせたい人がいるので、騙されたと思って付き合ってと誘われ、彼の経営するクラブに行った。吉田氏の話す様子を聞いていて、彼を撮影したいと思い改めて時間を頂き撮影した。凛とした立ち振る舞いと姿勢に彼の強さを感じながら、一芸に徹した生き様を「男の貌」と考えて撮影させて頂いた。
f0089391_14560572.jpg
f0089391_14560591.jpg
f0089391_14560454.jpg
f0089391_14560493.jpg
f0089391_14560473.jpg
f0089391_14560374.jpg




[PR]
# by takaoka-diary | 2018-12-01 14:58 | Comments(0)
『男の貌』三輪和彦 陶芸家  山口県萩市
f0089391_11210110.jpg
f0089391_11564595.jpg

[PR]
# by takaoka-diary | 2018-11-27 11:21 | Comments(0)