写真家タカオカ邦彦ブログ
by takaoka-diary
カテゴリ
全体
夫唱婦随
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
お気に入りブログ
久保修の徒然日記
最新のコメント
吉田晴子さま 以前、自..
by takaoka-diary at 15:45
心の美しさがにじみ出るよ..
by BB at 01:27
イキイキとした十五代目の..
by 大滝哲也 at 11:30
タカオカ先生 ご無沙汰し..
by 中林真一郎 at 01:21
こんにちは。きのう写真展..
by にしかわ at 14:26
林先生とのプレミアムトー..
by ocica at 22:49
一昨日やっとお邪魔できま..
by ocica at 21:28
自分でも写真を撮っており..
by 羊飼い at 21:19
高岡邦彦さま 青木先生写..
by 大戸智華 at 10:11
頑張って!
by なつ at 01:54
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
中川龍太郎  映画監督
2017年6月、世界四大映画祭の一つ、モスクワ映画祭で「四月の永い夢」が、国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰をダブル受賞した。新進気鋭の中川龍太郎監督を撮影する機会を得た。彼は詩の世界でも才能を発揮していて、高校在学時位に「詩集 雪に至る都」を出版。やなせたかし主宰「詩とファンタジー」年間優秀賞を最年少で受賞した。新しい才能に出会えた喜びと撮影できることが、自身の創作に貴重な刺激を受けて、シャッターを切れることを感謝している。
f0089391_11201922.jpg
f0089391_11215390.jpg
f0089391_11220523.jpg
f0089391_11201730.jpg
f0089391_11201837.jpg
f0089391_11201674.jpg
f0089391_11201544.jpg
f0089391_11201619.jpg
f0089391_11201427.jpg
f0089391_11201972.jpg
f0089391_11455732.jpg
f0089391_11201598.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-27 11:44 | Comments(0)
早坂 暁/脚本家、作家
NHK「天下御免」「夢千代日記」脚本家 早坂暁さんが、12/16日に亡くなった。
氏は渋谷の東武ホテルを定宿にしていて、取材で2度ほど伺った。
当時私が連載していた雑誌で「私が出会った名医」シリーズを撮影していた。「夢千代日記」の舞台の温泉で病になり、その土地の町医者にお世話になったと云うことで、取材に行ったのが思い出である。気さくな先生であったと記憶している。 合掌
f0089391_14183508.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-20 14:28 | Comments(0)
『夫唱婦随』今井徹也 やよい   山口県山口市
結婚して50年 建築家の夫を長年支え、むしろ右腕のごとき二人三脚で今も二人で設計事務所で、日々精力的に仕事をこなしている。
f0089391_14523746.jpg
f0089391_14523763.jpg
f0089391_14522684.jpg
f0089391_14522714.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-16 14:53 | Comments(0)
夫唱婦随シリーズ       東京都町田市鶴川
小田急線鶴川の駅前で長年地域の人々に愛される喫茶店を二人三脚で経営して来た素敵な夫婦がいる。コーヒの味はもちろんではあるけれど、気さくな夫婦の人柄と心がこもったもてなしで、気軽に立ち寄れる家庭的な店である。
f0089391_14345991.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-16 14:44 | Comments(0)
夫唱婦随シリーズ       山口県阿武町
旅の途中に素敵な夫婦に出会った。
f0089391_14294822.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-16 14:31 | Comments(0)
田中米吉/現代彫刻家        山口県山口市
彫刻家の田中米吉氏を撮影する機会を得た。
*経歴
1925年 山口市大内御堀に生まれる 92歳
1944年 宇部工業専門学校(現山口大学工学部)入学
      学徒動員で輸送潜行艇の設計にかかわる
  45年 卒業
  48年 山口市立宮野中学校で理科を教える 48年大殿中学校で理科のち美術を教え
  56年 川西中学校で美術を教えるが、61年教員を辞任、単身東京に行く
1965年 山口に帰り、家業(外郎の御堀堂)3代目を継ぐ。
以後、家業の傍ら彫刻の制作活動に勤しむが無理がたたり、68年に眼底出血で右目の視力を失う。そんな時、尊敬するシベリアシリーズの芸術家 香月泰男氏からお見舞いのハガキが届く。
その一文の中に「強い人間にはマイナスは無い」と言う言葉があった。その言葉に衝撃と勇気をもらいながら奮いたち、その後は自身の創作に没頭し現在に至る。
個展も多数開催し現代日本彫刻展大賞、毎日新聞社賞他受賞多数
90歳を超え未だ現役で、彼に初めて出会った時に感じたオーラと言うか、良い意味の威圧感は
私の写真の師林忠彦先生に会った時と同じ感覚であった。
短時間ではあったが、彼の日常のほんの一瞬を垣間見ながら、濃密な時間の中で今の私の人を見る目を信じて、シャッターを切った。
f0089391_13340963.jpg
f0089391_13330072.jpg
f0089391_13330153.jpg
f0089391_13330294.jpg
f0089391_13330079.jpg
f0089391_13325976.jpg
f0089391_13330708.jpg
f0089391_13330272.jpg
f0089391_13340945.jpg







[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-16 14:23 | Comments(0)
鍋倉 旭/阿武町地域おこし協力隊    山口県阿武町
神奈川県鎌倉市出身で山口県阿武町で、「地域おこし協力隊」に頑張る24歳の若者を撮影する。
学生時代から古民家の再生に興味を持ち、建築じゃなく文学部で比較文化を学ぶ。卒業後、不動産会社に勤務するが、やはり地域再生の仕事をしたくて、東京/有楽町にある故郷回帰支援センターで阿武町が今の仕事をする若者を求めていることを知り、この地に赴任した。フットワークを生かして、この活動を全国に広めることが、将来の夢である。
f0089391_14175919.jpg
    彼が設計図を描きプロデュースして、古民家をカフェに再生する
f0089391_14180066.jpg
f0089391_14180059.jpg
      休暇でこの地に旅行で訪れている両親と撮影

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-15 14:42 | Comments(0)
川崎パトリシア  新潟県関川村  月刊「家の光」より
アメリカ/アリゾナ州から人口6,000人の山村に嫁ぎ、自然と調和した村の魅力を伝えたくて
日本人以上に日本を理解し情報誌を発刊している、パトリシアさんの日常を取材した。
f0089391_13591297.jpg
f0089391_13591385.jpg
f0089391_14074462.jpg
f0089391_13591442.jpg
f0089391_13591486.jpg
f0089391_13591545.jpg
f0089391_14090246.jpg
f0089391_14092405.jpg
f0089391_14094396.jpg
f0089391_14105449.jpg
f0089391_14101046.jpg
f0089391_14120058.jpg
f0089391_14121082.jpg

[PR]
by takaoka-diary | 2017-12-15 14:13 | Comments(0)